Windows 7 右AltでIMEをON/OFF

2011/02/6 (日)

XPではAltIMEでIMEのON/OFFを右Altに割り当てていたが、
Win7(64 bit)でAltIMEが動かない以上、これも何か手を考えなきゃいけない。

CapsLockの話と同様、これもChange Keyでなんとかなるかと思ったけど、
そうは問屋がおろさなかった。

右Altに「全/半」のキーを割り当ててみたら、「`」が入力されるだけだった。
まぁ、ASCIIキーボードでは、「全/半」の位置に「`」があるわけで、
納得ではある。でもそれじゃ、目的を果たさない。

これも調べてみると、みなさん苦労されている模様。

その中で一番スマートな解決方法は、

右Altキーに[漢字]キーを割り当てる方法
(AXキーボード設定を利用する方法)

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/041axkbd/axkbd.html

これだと思う。

これは、XPまでが対象となっているけど、Win7でも機能した。
この説明の中で出てくる、kbdax2.dll
Win7では、\Windows\System32 の中にあった。

あとは、上記ページの説明にあるとおり、regeditで、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters

LayerDriver JPN REG_SZ kbdax2.dll
OverrideKeyboardIdentifier REG_SZ AX_105KEY
OverrideKeyboardSubtype REG_DWORD 1
OverrideKeyboardType REG_DWORD 7

に設定すればよい。

この後、リブートが必要。

なお、これをやってしまうと、(左)Alt+`ではIMEの制御ができなくなった。

それと、ついでに、右Altの右隣のAppキーがうっとうしいので、
これもChange Keyで右Altにアサインしていたら、
このキーでもIMEのON/OFFができるようになった。

Windows 7IME, 右Alt

Posted by k1