aptでperlが文句をたれる

apt-getやapt-fileといったapt関係のコマンドやdpkg関係のコマンドでperlがwarningを出しまくることがある。

# apt-file search /etc/crontab
perl: warning: Setting locale failed.
perl: warning: Please check that your locale settings:
LANGUAGE = (unset),
LC_ALL = “ja_JP.eucJP”,
LC_CTYPE = “ja_JP.eucJP”,
LANG = “ja_JP.UTF-8”
are supported and installed on your system.
perl: warning: Falling back to the standard locale (“C”).

原因はlocaleがきちんと設定されていないため。

対策としては、

# dpkg-reconfigure locales

を行なうか、/etc/locale.genを適切jに編集して

# locale-gen

を走らせる。/etc/locale.genはこんな感じか。

en_US ISO-8859-1
ja_JP.EUC-JP EUC-JP
ja_JP.UTF-8 UTF-8