DISK MIGHT NOT BE SPUN DOWN PROPERLY. UPDATE SHUTDOWN UTILITY

SATAのHDDを使うと、shutdown時にこのメッセージが出るみたい(SCSIもかも)。

/etc/init.d/halt

の中の

hddown=”-h”

hddown=””

に変えればメッセージは出なくなる。

ネタ元: Disk might not be spun down properly. Update shutdown utility

haltコマンドに-hオプションを与えなくするもののようだが、
そもそもこの-hオプションはハードディスクをstanbyモードにしてやり、
その副作用でwriteキャッシュをフラッシュしてやろうというものらしい。
ということは、writeキャッシュにデータが残ったまま電源が落ちてしまう???
でも、この機能はIDEの場合だけ有効みたいだから、SATAは関係ないのかも。
上記メッセージの前にSCSIとしての同期メッセージを出してるし。

参照: man halt

Linux

Posted by k1